年賀状は年1度の同窓会

もう2月、頂いた年賀状の整理を始めました。

年賀状は年末になると、頭を悩ます厄介な習慣です。
しかし、頂く方の中には、もう何年もお会いできず年賀状だけで消息を知ると言う方もいらしゃいます。
へぇ~~?お子さんが産まれたのか。へぇ~?もう定年?あっ、近くに引っ越してこられた!等々、お顔はお会いしていた何十年も前のままで思いをはせます。懐かしく楽しい一時です。

画像


毎年11月頃になると喪中はがきを頂きますが、たいていは親御さんが多く、何気なくさらっと読み過ごしてしまいます。しかし、昨年はその中の1枚に差出人が、いつもの本人ではなく奥様になっていてビックリして、もう1度読み直して頭がパニックになってしまいました。

ヤスヤンの小学校からの友人で、以前はお互いの家にも行き来していた家族ぐるみのお付き合いをしていた人です。最近はメール等で連絡は取り合っていたが、お会いする事もなくなっていましたが、お葬式にはきっと駆けつけたであろう人でした。
慌ててヤスヤンに電話をして、二人でお線香をあげに行きました。

9月に膵臓がんが発覚して余命3ヶ月と言われたが、心の準備も出来ないまま半月であっけなく亡くなってしまった。とのことで、年賀状の管理がPCにあり、パスワードが分からず、やっと最近開ける事が出来き、連絡が取れたとの事でした。
まだまだ若く残念だけど、本人は今1番幸せだったから、もう泣くのは止めた。前向きに生きる事にした、と話してくれた奥様。
若かりし頃の面影を残して懐かしい昔話に時間が経つのも忘れていた時、本人と瓜二つの息子さんが仕事から帰って来た。
立ち姿、話し方、声。。。そっくり!
私の中では、きっと写真の白髪頭の本人より、この息子さんの方がイメージに近いかもしれない。。。

家族は皆大丈夫だから、いろんな事頑張りすぎた分、天国でゆっくり過ごしてね!
ご冥福をお祈りします。

来年の年賀状は皆様の元気な消息だけにして欲しいですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック